2016年06月06日

餅つき大会2016 計画書

広報部 HIDEです。

今回作成した「橋本本町自治会 餅つき大会 計画書2016」公開いたします。

いづれ
餅つきイベントの全体の映像マニュアルも作成しUPしたいと思います。

160527_もちつき行動計画2016.pdf
posted by 広報部 橋本子育てパパ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 規約や文書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

自治会とは 

1.自治会とは
橋本本町自治会は、橋本本町の区域内(注1)の世帯や営業活動を行っている事業所などによって構成される住民の自治組織です。組織の運営は、会長をはじめ本部役員、区長並びに班長などの方々のボランティアで行われています。
自治会の目的は、民主的な機構と運営により地域的な共同活動を行い、福利増進を図り平和文化の健全なる発展興隆のため、歩調を合わせて希望に満ちた明るい町内建設に務めることを目的とする。(橋本本町自治会会則 第1条)
(注1)橋本5-15〜5-42、橋本6-30〜6-47、橋本7-4〜7-8、元橋本町

(1) 連帯意識の高揚
自治会の目的を達成するためには、会員が一致協力していくことが基本となります。特に犯罪や災害時にお互い助け合いと思いやりある地域にしなければなりません。そのために、日頃から連帯意識を高め、会員相互の信頼できる人間関係に配慮することが大切です。

(2) 自治会活動への積極的な参加
エイブラハム・リンカーン(第16代アメリカ大統領)の名言である“人民の人民による人民のための政治(Government of the people , by the people , for the people )”。
自治会も同じだと思います。“自治会員の自治会員による自治会員のための自治会活動”これを目標として、本町自治会へ多くの方々が加入し、会員の皆さまの能力や特技を必要に応じて発揮していただき、更なる「安全で明るく住み良い地域社会=“地域の絆”」環境の町にして行きましょう。

(3) 関連機関、団体との連携
自治会を円滑に運営していくためには、市をはじめとする関係機関や、地域に組織される他の団体との連携も大切になります。

(4) 後継者の育成
役員を持ち回りで分担して短期間で交代したり、年度ごとに一斉に役員が交代しているような自治会では、長期的な展望に立った自治会の運営や活動が困難になる場合が少なくありません。
役員が交代しても円滑に自治会を運営していくためには、一部の役員を再任して新体制とのつなぎ役とするなど、日頃から会をリードしてくれる後継者の育成に努めることも大切です。これは会員相互の理解が必要です。

(5) 自治会活動についての今後の方向感
生活の身の回りでは、インターネットなどの情報技術(IT:Information technology)が深く浸透しつつあります。
自治会においても、鮮度の高い情報を短時間(短期間)に提供する必要があります。また、インターネットの利用により、回覧物の削減や自治会活動における区長・班長さんの仕事の軽減など、コスト削減をはじめとしてトータル的に情報技術活用の検討を行う必要があると感じています。
posted by 広報部 橋本子育てパパ at 16:46| Comment(0) | 規約や文書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする